くう・ねる・さっかー・べんきょう

アクセスカウンタ

        
  
      

  にほんブログ村 サッカーブログ 高校サッカーへ にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ にほんブログ村 サッカーブログへ

zoom RSS スポーツは「良い子」を育てるか

<<   作成日時 : 2006/11/21 22:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 7

画像


表記の本ですが、先日サッカー指導者講習会で薦められたので読んでみました。現在の少年スポーツを取り巻く環境や功罪について鋭く描かれています。少年スポーツの指導に携わる方や親御さんは、機会があれば是非一読してみて下さい。参考になります。

スポーツは「良い子」を育てるか
楽天ブックス
生活人新書 著者:永井洋一出版社:日本放送出版協会サイズ:新書ページ数:222p発行年月:2004年


楽天市場 by ウェブリブログ

>
  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「スポーツは「良い子」を育てるか」について
「スポーツは「良い子」を育てるか」について kenkenさんに紹介していただき、読破にはまだ至っておりませんが、少年期のスポーツへの取り組みにおける、指導者や親の役割について、深く深く考えさせられています。私どもの子供は、この本の中に出てくる、いわゆるゴールデンエイジそのもので、そういう時代にしか身につかない能力があると知ったときは、正直愕然としました。また、「競技」を少年スポーツの中心におくことや、「勝利する」ことの意味についても多くの誤った考えを携えつつ大会参加していたことを反省し、こ... ...続きを見る
空を見上げて・・・
2006/11/30 23:37
「少年スポーツ ダメな指導者 バカな親」
http://oyako-marathon.at.webry.info/200611/article_14.html ↑で紹介した『スポーツは「良い子」を育てるか』の続編が発売されたようです。 今日、本屋で見つけて思わず手に取ってしまいました(^^;) ...続きを見る
kenkenファミリーのマラソン日記
2007/08/16 21:37
『賢いスポーツ少年を育てる』
著者の永井洋一さんの本は、スポーツは「良い子」を育てるか と 少年スポーツ ダメな指導者 バカな親 の二冊を読みましたが、それに続く第三弾という感じですね。 ...続きを見る
くう・ねる・さっかー・はしる・べんきょう
2010/09/17 22:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
なかなか興味をそそるタイトル&サブタイトルですね。「良い子」の意味がまたいろいろと難しそうですが、論点は「マシン化…」というところに見え隠れしているように思えます。親の強制や徹底した管理などを批判的に書かれたことが想像されますが、実際はどうなのでしょうか。私も機会があれば読みたいと思います。勝負へのこだわりは、なくてよいといえば嘘のようだし、勝負にこだわれというのも間違っているように思え、そうすると一体マラソンレースなどに臨む子供にどう声をかければよいのか分からなくなります。私は、ただただ、努力した分健康で強い体を手に入れることができ、報われる喜びを知ることができるのだという体験を、身を以って知ってほしいと願っています。
KANTA父
2006/11/21 23:38
☆KANTA父さん
僕に解釈も入ってしまうので、詳しくは読んで欲しいのですが、筆者はサッカーに携わる方で少年サッカークラブの事例を数多く挙げています。
指導者が勝利に拘るあまり、子供たちも「勝つか負けるか」の基準でしかスポーツを捕らえられなくなっていたり、敗者を思いやる心や補欠(試合に出られない子)や試合中にミスをした子を思いやる心が失われつつある、というようなことを描いています。他にのまだまだ内容は多岐に渡りますが・・・。
僕が一番心に残ったのが、「グランドでは一糸乱れず整列して挨拶できる子が普段の挨拶は全くできない」「中学や高校のクラブ活動では先輩や指導者には礼儀正しいのに、普段電車に乗ってと時などはシルバーシートに大股マンガを読んでいる姿は礼儀正しいと言えない」と言った内容の部分です。
もうご覧になられたかもしれませんが、下記のサイトに読まれた方々の感想が載っています。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140881097

kenken
2006/11/22 13:57
文字数の関係で書き込みが分かれました。
サイトは下記です。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140881097

僕が思うのは子供たちは試合やレースになると大人以上に勝負に拘っているのではないかと思います。だからこそ、KANTA父さんがおっしゃるようなことを教えてあげないといけないのでしょうね。
kenken
2006/11/22 13:59
いろいろお応えくださり、ありがとうございます。作や注文したところ、きょう発送したというメールが来たので、明日には届くのではないかと思います。レビューは今見たところですが、期待できそうですね(^^)。
KANTA父
2006/11/22 22:11
☆KANTA父さん
僕が気付かないこともあると思いますので、読み終えられましたら是非感想を聞かせて下さいね。
kenken
2006/11/23 22:33
ちらっと読み思い出しました。
うちの二男は3年からサッカーを始めました。なぜか試合には出してもらえず、でも腐らずやり続けてて試合に出られたのですが、理由も言われないままキーパーにまわされて卒業までずっとキーパーでした。そのチームのコーチは自分の気に入らない子は試合に出さないし、フィールドでプレーさせないと後で知りました。上手な子や気に入ってる子はどんどん使ってました。4・5年が6年の試合に出ることもしょっちゅうでした。それで出られない6年の二男たちは悔しかったのですが、言うこともできないし、言っても状況は変わらない。我々親が何もしてやれなくて歯がゆかったですし、ただ見守るだけでしたが、二男は逃げずにやり遂げた事、勝負の厳しさや大人の嫌な面を見せ付けられて、いい勉強になったと今は思えるようです。上手い子は天狗になっていたけど、そういう子とも冷静に付き合っていた二男はある意味、強い子だなあと思いました。神戸に来てからもその頃の友達とは付き合っていて、大変だったけど得るものも大きかったんだと感じています。中学の今は不公平なく厳しい先生が顧問なので有難いです。
riku
2006/12/03 23:33
☆rikuさん
おっしゃるような指導者は少なからずいるようですね。二男さんがヤル気を無くさず腐ることなくやり遂げたことは素晴らしいですね。おっしゃる通り強い子で大人なんでしょうね。
kenken
2006/12/04 22:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
スポーツは「良い子」を育てるか くう・ねる・さっかー・べんきょう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる