くう・ねる・さっかー・べんきょう

アクセスカウンタ

        
  
      

  にほんブログ村 サッカーブログ 高校サッカーへ にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ にほんブログ村 サッカーブログへ

zoom RSS 二人ともサッカーの試合

<<   作成日時 : 2007/02/12 21:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

yoyoもdaigonもサッカーの試合でした。
yoyoは某クラブチーム主催のカップ戦、daigonは西区の2年生のカップ戦でした。会場が近くだったので、行ったり来たりしながらなんとかどっちも観戦出来ました。

daigonは4組各組3チームでリーグ戦を行い、各組の順位毎にトーナメントを行う方式でした。リーグ戦は0-5、1-1で3位トーナメントに進みました。トーナメントの1回戦は1-0で勝利し、1位決定戦は惜しくも0-1で敗れました。12チーム中10位という結果です。daigonの出来はまぁこんなもんかな、という感じでした。よく走っていましたしボールにもよく向かっていたように思います。

yoyoの方はどんな試合形式だったのかよく分かりませんでしたが、8人制で行われ全後半総入替えルールのようでした。1試合目2-3、2試合目0-2、3試合目5-4(結果は合っているかな?)でした。全てディフェンダーでの出場だったようです。ポジショニングについて頻繁にコーチから声が掛かっていました。サッカーは技術を磨くのはもちろんですが、頭も使わないといけないので大変ですね。
3試合目は前半0-4で負けていましたが、後半5点を取って逆転しました。終了間際ゴールキーパーも交わされて、シュートを打たれて同点ゴールという場面をyoyoがなんとか戻ってクリアして、すぐにタイムアップになりました。同点ゴールを覚悟しましたが、どこからともなく人が現れてクリアした、という感じでした。yoyoが追いつくなんて全く思いもしなかったので、クリアした人間を確認して背番号が24番だった時は、本当にビックリしました。3試合をちゃんと観たわけではないので分かりませんが、yoyoが唯一仕事をした場面だったのではないでしょうか?俊足が生きた場面でした。時には足の速さに頼る場面もあるでしょうが、それにかまけずしっかり技術を磨いて下さいね〜。
試合後もちょっとしたヒーロー状態になっていて照れくさそうでしたが、本当に凄いのは4点差をひっくり返し5点を取った攻撃陣だと思います(^^)
あと気がついたのは、yoyoがディフェンスラインから前の選手に対して「開け」とかポジションに対するコーチングを行っていたことです。そんな場面は初めて見たので進歩したな、と感じました。
これからもちょっとずつで良いので進歩して行って下さい。
  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
サッカーは良く知らないのですが、試合を観戦するのは割と好きで、yoyo君の活躍のシーンはなんとなく想像出来ます。足の速さはサッカーでは、特に少年サッカーでは、技術以上に強力な武器ではないでしょうか。バランスよく体を鍛えられるのでサッカーもいいですね。でもヘディングのし過ぎで頚骨あたりに後遺症が出る選手もいると聞きますから、ヘディングのしすぎには、どうぞご注意ください。
KANTA父
2007/02/13 00:04
KANTA父さん
僕もサッカーを詳しくは分からないのですが、見るのは好きなのでyoyoの練習を観に行ったり、daigonの方では一応コーチになっています。
足の速さは武器になるようですが、技術を持った子にかかると限界があるように思います。本人(yoyo)が一番感じているようですが、ある程度技術を磨いた上で、足の速さが武器になると思います。
ヘディングに関しては、所属チームでは低学年の間はさせないと言う不文律があるようなので、安心しています。大人でもヘディングするとかなりの衝撃がありますもんね。
kenken
2007/02/13 22:30
補足ですが、私が聞いた話しは、うまいMFが一人いて、かつての日本代表のような岡野選手みたいな選手にスルーパスを出すと、簡単に決まる、というものです。当然技術を持った選手も居なければボールをキープできませんし、パスを受けてもトラップをミスれば台無しですもんね(^^)。良いクラブで、ご兄弟で楽しみながら(お父さんも)サッカー、楽しんでください!
KANTA父
2007/02/14 00:31
KANTA父さん
ご存知の「スキャモンの成長曲線」からも今は技術を磨く時期なのだと思います。
職場の上司のお子さんが神奈川県の有名な強豪高校に通っており、同じように「今は足の速さで勝負できるかもしれないけど、技術を磨いておかないと、中学生くらいになると通用しなくなる」と言うことを話していました。
kenken
2007/02/14 23:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
二人ともサッカーの試合 くう・ねる・さっかー・べんきょう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる